FC2ブログ

しぃちゃんの小さな心の痛み





GWに入って間もなくのこと。


いつものように、4人で車に乗って
フラフラと移動中。


助手席に乗っていた私は、
路上に「あるモノ」を見つけました。



どんどん近寄っていくと、
それが何だかわかってきたので、


「あーーー!!ダメだよ~~!」と咄嗟に叫んでしまいました。


運転していたパパも
「それ」がなんだか分かったようで、


「本当だ~!」と言いながら
「それ」を避けるように、右にハンドルを切りました。



初め「それ」がなんだかわからなかった、しぃちゃん。

車が「それ」を避ける時に
ちょうどしぃちゃんの真横を通ってしまったので
「それ」が何であるかをその時認識しました。



ネコちゃんが車に轢かれてしまって、息絶えた姿・・・。



轢かれた直後なのか、
身体から血が出ていたそうです。(私は直視していないのでわかりませんでした)



それを鮮明に見てしまったしぃちゃんは、
その後の車の中で一言も言葉を発していませんでした。



とあるスーパーに着いて、車から降りた時


「しぃちゃんね。あのネコちゃんの事で頭がいっぱいになっちゃって。
 何にも考えられなくなっちゃった。」

と、ポツリ私に言いました。



それまでは、私もそのネコちゃんのことは忘れていたのですが、
ネコが大好きなしぃちゃんには、衝撃的なシーンだったようです。


「そっか。ネコちゃんは可哀想だったけど、
 しぃちゃんはできるだけ早く忘れたほうがいいよ。」と
あまり説得力のない言葉しか掛けてあげられませんでした。


その後、しぃちゃんもいつも通りに振舞っていたので
私もすっかりそのことを忘れていました。




その夜。



8時も過ぎたので、子供達は寝る時間。

いつものように2人で「おやすみなさーい」と言った後
2階に上がって寝ました。




でも・・・・。



本当は寝てなかったんです。



しぃちゃんは眠れなかったんです。



9時半頃になって、しぃちゃんとすけが降りてきました。


すけ「おねえちゃんが、ねむれないんだってー。」

横には、涙でびっしょりのしぃちゃん。


私 「どうしたの?」
と聞いても

しぃ「眠れないの」
と言うだけ。



私には分かりました。

しぃちゃんはどうしてもネコちゃんのことが
忘れられないんだな・・って。


でも敢えてそこには触れないで


私 「明日は『こどもの国』に行くんだよ!
   ポニーに乗ったり、長い滑り台で遊べるから。
   楽しいことだけ考えて寝なネ」
と声を掛けてあげました。


しゃくりあげて泣いていたしぃちゃんですが、
次第に落ち着きを取り戻し、
大好きなキャンディーをしっかり抱いて、
(まるでキャンディーに「死んじゃダメだよ!」って言い聞かせてるみたいに)
眠りに着きました。



でもね。



翌朝聞いたのですが、
結局しぃちゃんは、夜中の12時まで寝られなかったそうです。




子供にとって衝撃的だったこと。
しぃちゃんの「トラウマ」になりそうなことだけど、
「死」というものが軽んじられている今、
しぃちゃんにとって何かを感じ取ってくれたのではないかと思います。

とても悲しい姿だったけど、
ネコちゃんはしぃちゃんに大切なことを教えてくれたのかなって。





「あの場所で息絶えてたネコちゃん。
 アナタのことをとても可哀想に想っていた女の子がいたんだよ。
 だから、寂しい思いをしないでね。」



ネコちゃんにしぃちゃんの想いが届くかな。
↓↓↓
banner2.gif










スポンサーサイト



[ 2007/05/02 16:57 ] しぃちゃん | TB(0) | CM(6)

安心なの?

20070502083704



キャンディーはいつも何かに寄り添ってないと
不安みたい。


今日は昨日から干してた
洗濯物の山に寄り添い。

いつも何かに寄り添うキャンディー。


あ、今私に寄り添ってる(笑)




banner2.gif


でももう時間が~!







[ 2007/05/02 08:44 ] ペットのこと | TB(0) | CM(5)
プロフィール

Candy

Author:Candy
思うことをツラツラと綴っています。

いつもコメントありがとう♪
カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
【Bloop】のスグレもの

Bloop

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索